塾講師が公開!中学入試算数 塾技100

                                アンダンテさんのブログに「中学入試 算数 塾技100」が詳しく紹介されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「中学入試 算数 塾技100」出版への道②

「本を出版する」
というと、ハードルが高そうですが、私の場合、特に経歴がすごいわけでも有名なわけでもなく、自分から企画を文英堂のホームページのお問い合わせを通じて持ち込んだことがきっかけでした。

2010年の9月、私の初めての著書「塾で教える高校入試 数学 塾技100」の企画を文英堂に打診しました。いわゆる「ダメもと」でしたが、そこから担当者との打ち合わせに始まり、担当部署における企画委員会、企画会議、役員会議と順調にハードルをクリアしていきました。
今回発行予定の「塾講師が公開!中学入試算数 塾技100」は、1度出版経験があるためか、さらに順調に企画は通過しました。
企画通過後はいよいよ書籍化に向け発進です。書籍ができるまでには次のような経過をたどります。

① 自分のパソコンで、初稿原稿を作成(私)
② ①をもとに初校原稿を作成(出版社)
③ 初校原稿のチェック(私)
④ ③をもとに再校原稿を作成(出版社)
⑤ 再校原稿のチェック(私)
⑥ ⑤をもとにオフ原稿を作成(出版社)
⑦ オフ原稿のチェック(出版社)
⑧ 書籍化

現在は⑤を行っています。
こんな感じです↓↓
 

作成に要した私の時間は、
①が、180分×300ページ=54000(分)
③が、45分×300ページ=13500(分)
⑤が、15分×300ページ=4500(分)
の合計72000(分)=1200(時間)です。

さて、時給計算してみましょう!
出版社から書籍が売れても売れなくても、発行部数の半分の印税が補償されます。
今回はまだ発行部数は決まっていませんが、前回は、5500冊÷2×90円=247500円でした。
ここから所得税の24750円を引いた222750円が収入です。ということは、
  
  時給222750÷1200=185円!!
  
ううーん、「印税生活」というものは夢のまた夢ですね(笑)。
でも受験参考書の発行はお金以上のものを与えてくれます。

「高校入試数学 塾技100」は、高校入試の参考書としては異例の大ヒットとなり、短期間で多くの生徒さんの手へと渡りました。
そのうちの数人から、合格のうれしいお便りを頂きました。
1人の生徒さんは、合格できたのは先生のおかげと、卒業式で友人と写った元気いっぱいの写真まで送ってくれました。

それまで全くつながりのない生徒の人生に、1冊の本を通して大きく関われる!

著者冥利につきます。
「中学入試算数 塾技100」も、残りの校正を通してさらに良いものにし、1人でも多くの生徒さんから喜ばれるものを作り上げたいです。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ 
↑ ↑ 応援クリックお願い致します!記事を書く大きな励みになります。
   いつもクリックしてくれる方、ありがとうございます

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jukuwazasansu.blog.fc2.com/tb.php/2-8675e202

 | HOME | 

プロフィール

森 圭示

Author:森 圭示
  ホームページ
 <中学入試 塾技シリーズ>
   2013年8月3日発売
    
   Amazonで購入
   楽天ブックスで購入
  
   2016年7月8日発売
    
   Amazonで購入
   楽天ブックスで購入


 <高校入試 塾技シリーズ>
   2011年10月1日発売
    
  Amazonで購入
  楽天ブックスで購入

   2016年7月8日発売
    
  Amazonで購入
  楽天ブックスで購入

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

塾技100 (10)
算数塾技100 補充問題 (42)
一行問題演習 (6)
過去問の仕方 (1)
算数アドバイス (3)
受験アドバイス (3)
中学数学のアドバイス (1)
未分類 (8)
理科アドバイス (3)
塾技理科 (62)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。