FC2ブログ

塾講師が公開!中学入試算数 塾技100

                                アンダンテさんのブログに「中学入試 算数 塾技100」が詳しく紹介されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塾技100 補充問題と過去問をする際の注意点

今回の算数塾技100 補充問題は、塾技39(転がる図形②)で、市川中・桜蔭中の問題。
(算数塾技100無料補充問題とは → コチラ

塾技39では、塾技の例として、長方形のまわりを円が転がる問題、「入試問題で塾技をチェック!」で円のまわりを円が転がる問題、「チャレンジ!入試問題」で正方形のまわりを三角形、おうぎ形が転がる問題を取り上げました。

よく出るパターンは一通り取り上げましたが、多角形のまわりを円が転がる問題は、実際の入試問題を取り上げていなかったため、今年の市川中およびH20年の桜蔭中の問題を補充として取り上げました。

塾技40(転がる図形③)で、
「多角形の内側を円が転がる問題ではかどに注目する」

とし、かどにできるすきまの考え方をかきましたが、今回の補充問題(塾技39)のように多角形をつなぎ合わせた図形の外側を円が転がる場合も、“すきまに注目する必要があります。
今回取り上げた2題とも、“すきま”をきちんと処理できるかどうかが勝負です。

ではチャレンジ!

「塾技39」転がる図形② 補充問題 市川・桜蔭中
※今までの補充問題のまとめはコチラ
※印刷がうまくいかないことがありましたら、コチラをご参照下さい。

話しは変わりますが、そろそろ本格的に過去問に取り組む時期になりました。
今回から3回に分けて、過去問の取り組み方や取り組む上での注意点をかきたいと思います。1回目は、過去問全般に関する話です。

まずは過去問に取り組む時期ですが、一般的には9月に入ってからというのが定説です。
特に、理科・社会は早めに取り組むことが絶対に必要。理由は次回お話しします。

算数・国語は、志望校及びお子さんの習熟度によります。
例えば御三家を狙う生徒には、私は6月ごろから2番手校の過去問をさせ、9月から御三家の過去問に取り組ませました。

一方、例えば千葉県で言ったら市川や東邦、東京で言ったら芝や巣鴨といったところを第1志望にしている生徒には、10月初旬~中旬ごろから過去問に取り組ませました。
なぜ9月に入ってすぐ取り組ませなかったかというと、塾でも問題演習が本格化するのは9月以降であり、あまり早く行っても問題慣れしていない状態で解くことになってしまい、もったいないからです。

「もったいない」とは、過去問はどうしても1回やると問題や解き方をある程度覚えてしまうため、せっかくの合否を計れる最も確かな材料がなくなってしまうからです。

よく、「過去問はあくまで過去に出たものなので、同じ問題は出ないのだから、出題傾向が分かればよいためなるべく早くとり組んだ方が良い」

という話を聞くことがあります。それも一理ありますが、例えば国語で言ったら、記述力が養われていないのに過去問をやっても無意味であり、記述力がある程度身についてから過去問をすべきですし、算数で言ったら、時間を計っての演習をほとんどやっていない状態で過去問をやっても、「わからない問題は飛ばす」といった時間の使い方ができていないのにやる意味があるとは思えません。

というわけで、過去問の取り組み時期にマニュアルはなく、志望校やその子の習熟度で異なるので、「過去問は遅くとも~からやりなさい」というのは無意味です。

ちなみに以前一行問題の記事でご紹介した、東邦大東邦中に1クラスから12人合格したクラスでは、全体的な仕上がりが遅かった為、過去問は11月から行わせました。

さて、次に実際の過去問の取り組み方ですが、注意点は2つ!

必ずタイマーで時間を計って行うこと。

実施する時はなるべくまとめて実施し、今日は算数、明日は国語、3日空けて理科・・・などとやらないこと。

①は言うに及ばずですが、②はなぜかと言いますと、

過去問は、入試を想定して行わなければ意味がない!

からです。入試は1日1教科ずつでしょうか?当然違います。
本番の入試では、例えば国語が終わった後に少し休憩を入れて算数を行います。
ではこの時、国語がすごくできなかったらどうなるでしょうか。当然それは次の科目の算数にも精神的な影響を及ぼします。また、もし失敗しなかったとしても、頭の疲れと言うものは当然残ります。

そういったことも全て想定して行うのが「過去問演習」なのです。そういった想定無しに、“~点取れた”といっても意味がありません。

今回、私が普段使用している過去問点数表を読者の方にもご提供したいと思います。そこには、過去問実施上の注意点を記載しておりますので、よろしければ印刷してご利用ください(サイズはA4、エクセルで作成しております)。

過去問点数表 [Excel版]
※Excelが苦手な方はこちらの[PDF版]をどうぞ。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ 
↑ ↑ 応援クリックお願い致します!記事を書く大きな励みになります。
   いつもクリックしてくれる方、ありがとうございます



↑ ↑ こちらも様々な有用な情報満載です!




スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jukuwazasansu.blog.fc2.com/tb.php/24-c72953af

 | HOME | 

プロフィール

森 圭示

Author:森 圭示
  ホームページ
 <中学入試 塾技シリーズ>
   2013年8月3日発売
    
   Amazonで購入
   楽天ブックスで購入
  
   2016年7月8日発売
    
   Amazonで購入
   楽天ブックスで購入


 <高校入試 塾技シリーズ>
   2011年10月1日発売
    
  Amazonで購入
  楽天ブックスで購入

   2016年7月8日発売
    
  Amazonで購入
  楽天ブックスで購入

 <高校入試 数学 瞬解60>
   2018年8月22日発売
    
   amazonで購入
   楽天ブックスで購入

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

塾技100 (10)
算数塾技100 補充問題 (42)
一行問題演習 (6)
過去問の仕方 (1)
算数アドバイス (3)
受験アドバイス (3)
中学数学のアドバイス (1)
未分類 (8)
理科アドバイス (3)
塾技理科 (62)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。