塾講師が公開!中学入試算数 塾技100

                                アンダンテさんのブログに「中学入試 算数 塾技100」が詳しく紹介されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

算数塾技100 円に内接する正方形入試頻出パターン

今回の算数塾技100補充問題は「塾技31」(円と正方形)で、豊島岡女子学園、雙葉中、渋谷教育学園渋谷中。
(算数塾技100無料補充問題とは → コチラ

円に内接する正方形と円の面積との関係を考える問題は、男子・女子・共学問わず全ての学校で非常によく出題が見られます。ただ入試頻出パターンは限られており、さらに塾技31を使いこなせるようになるとかなりの時間短縮につながります。

塾技31では、円に内接する正方形の面積について2つの塾技を学ぶことになります。当然その2つの塾技を実際の入試問題で使いこなせるようになることは大切ですが、それ以上に大切なこととして、塾技31にかいた「なぜその2つの塾技が成り立つかの理由」をしっかり理解することがあります。

いわゆる“技(公式)”と呼ばれるものは、理由の部分を押さえなければ少しひねられたら全く使いものになりません。例えば、流水算の川の流れの速さの公式として、

(下りの速さ-上りの速さ)÷ 2

というものがあり、単にこの公式を掲載しているだけの参考書も多くありますが、なぜそうなるのかを線分図を使ってきちっと理解していなければ、もし川の流れが行きと帰りで変化するような問題では全く通用しません。塾技100の流水算ではここらへんのことも問題を通してきちっと説明しています。

算数塾技100では、以上のようなことも踏まえ、技が成り立つ理由を極力掲載しています。単に小手先の技におぼれないよう本質を理解した上で、技を使いこなせるような力をつけることが大切だと考えるからです。

とはいえ、技を使いこなせるためにはある程度の問題量が必要となります。
塾技31にも入試問題を4題掲載していますが、これに加えてさらに今回の補充問題を行えば円に内接する正方形の入試頻出問題パターンは完璧に身につけられるはずです。

それではチャレンジ!
「塾技31」 円と正方形 豊島岡女子学園・雙葉中・渋谷教育学園渋谷中
※今までの補充問題のまとめはコチラ
※印刷がうまくいかないことがありましたら、コチラをご参照下さい。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ 
↑ ↑ 応援クリックお願い致します!記事を書く大きな励みになります。
   いつもクリックしてくれる方、ありがとうございます



↑ ↑ こちらも様々な有用な情報満載です!




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jukuwazasansu.blog.fc2.com/tb.php/41-766a3fd7

 | HOME | 

プロフィール

森 圭示

Author:森 圭示
  ホームページ
 <中学入試 塾技シリーズ>
   2013年8月3日発売
    
   Amazonで購入
   楽天ブックスで購入
  
   2016年7月8日発売
    
   Amazonで購入
   楽天ブックスで購入


 <高校入試 塾技シリーズ>
   2011年10月1日発売
    
  Amazonで購入
  楽天ブックスで購入

   2016年7月8日発売
    
  Amazonで購入
  楽天ブックスで購入

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

塾技100 (10)
算数塾技100 補充問題 (42)
一行問題演習 (6)
過去問の仕方 (1)
算数アドバイス (3)
受験アドバイス (3)
中学数学のアドバイス (1)
未分類 (8)
理科アドバイス (3)
塾技理科 (62)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。